犬が付く植物

コンニチワです
(東京から…)

ブログにときどき
植物の名由来を書いているけれど
植物の名前は
奥が深いですねぇ

「犬」(いぬ)のつく名前の植物が
あります
植物の名の頭に「犬」が付いています

たとえば
 ・樫(かし)があるけれど
    犬樫(いぬがし)もある
 ・柘植(つげ)があるけれど
    犬柘植(いぬつげ)もある
 ・枇杷(びわ)があるけれど
    犬枇杷(いぬびわ)もある
 ・萱(かや)があるけれど
    犬萱(いぬがや)もある

(猫じゃなくて…)
どうして「犬」なのか?

「犬」の意味は
・似て非なるもの,劣るものの意
・有用ではないもの
・「犬」は「否」(いな)に通じる

柘植はツゲ科
   櫛や将棋の駒などに使われる
犬柘植はモチノキ科
   木は使用されない
枇杷はバラ科
   果物となる(美味しい~)
犬枇杷はクワ科
   食用にされない 

ふむふむ
「犬」はニセモノということ?

植物としては
気の毒というか…
えらい迷惑な話…
そもそも分類がちがうのに
ちょっと似ているからって
「あんたはニセモノ」って言われて…

どの植物だって
一生懸命生きているのに…

犬柘植
いぬつげ2 緑の花 05月 御苑 15-05-23

ほら~
かわいいでしょ?
ニセモノって言われたくないね

ワンコの立場からだって
クレームが出そう…


アニメねずみ
↓↓ポチッと応援してね。


コメント

Secret

メッセージ
プロフィール

kikilalacafe

管理人:kikilalacafe
身近に見たもの
食べたもの
感じたものを
気の向くままに…
iPhoneで撮影して
アップしています
6Plus使用しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する