FC2ブログ

玉川上水・内藤新宿分水散歩道

台風が近付いています。
安定しないお天気ですが、
涼しいという点ではマルです。

霧雨のなか、
玉川上水・内藤新宿分水散歩道を
散策してきました。
玉川上水の歴史的価値、
まちの記憶…を
次世代へ継承するために
この散歩道が整備されました。
(さんぽみち)

玉川上水・内藤新宿分水散歩道
完成年 平成24年(2012)
所在地 新宿御苑の北側散策路
全長  540m
入場料 無料
  (新宿御苑の門の外の無料区域)

散歩道
道

当時の玉川上水や分水をイメージしています。

旧新宿門の標識
標識

散歩道は大木土門から
旧新宿門を通り、
新宿門まで続いています。

江戸の水
武士や町人が暮らす大都市江戸。
埋め立て地が多い江戸では
良質な井戸水が少ない。

飲料水不足が浮上。

赤坂溜池の水使用。

井の頭池から神田上水使用。

水不足、新しい上水必要。

幕府が上水工事命令

玉川上水
1654年
幕府の命を受けた玉川兄弟が、
多摩川から取水する
玉川上水を開設しました。

現在の羽村市~四谷四丁目交差点。
約43kmの区間。
羽村と四谷の高低差はわずか90m。
土を掘って、地上に流れを作りました。

四谷から江戸市中へは
地中の樋の中を流しました。
樋は木や石で作られていました。
現在の水道管みたいなものです。

四谷の水番屋
貴重な水を守るため
玉川上水は厳重に管理されました。
水質、水量、ゴミ、異物の監視。
魚釣り…禁止。
水浴び…禁止。
洗い物…禁止。
江戸市中の水も厳しく管理。
さすがきれい好きな日本の心です。

水道碑記(すいどういしぶみのき)
石碑

明治28年
四谷水番屋を記念して石碑建立
玉川上水建設理由
工事した玉川兄弟の功績
が書かれています。
題字は徳川家達の書です。

玉川上水は
明治34年(1901)ころまで使用。
江戸、明治の暮らしを支えた
貴重な水源でした。

散歩道は
見た目は泥ですが
土系固化舗装仕上げしてあります。
雨でもぬからずに歩けます。
泥が移動しないように
泥止めが埋めてあります。

泥止め
土留め

水の流れを汚さないためでしょうか。

流れに沿って
大きな木々、
四季折々の花を楽しめます。
47000株の野の花があります。

小さい実
小さい実

大きい実
大きい実

雨に濡れていい感じ?

ピンクの花
ピンク花

これはなんでしょう?

白い花 アメリカ半化粧(はんげしょう)
白い花

これもなんでしょう?

藪コウジ(たぶんね)
薄いピンク

たぶん冬に赤い実がなると思います。

玉川上水・内藤新宿分水散歩道は
第26回都市公園コンクールで 
国土交通大臣賞を受賞しました。

地下水の活用
歴史性の重視
生物多様性への配慮
空間整備
地元の連携
が高く評価されたそうです。

江戸時代に思いを馳せながら
散歩を楽しめる空間です。
近くにお出かけの際には
ぜひ立ち寄ってみてください。

余談ですが…
多摩川と玉川上水
どうして漢字が違うのかと
不思議に思っていました。
玉川上水は
玉川兄弟が造ったから…
「玉川」なんですね。
納得!!


iPhone写真ランキングに参加しています。
あのぉ~よかったら…、
上の四角いランキングのバナーをポチッとしてくださ~い。

コメント

Secret

メッセージ
プロフィール

kikilalacafe

管理人:kikilalacafe
身近に見たもの
食べたもの
感じたものを
気の向くままに…
iPhoneで撮影して
アップしています
やっと機種変して
iPhone Xs Max 使用しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する