FC2ブログ

図書貸出カード

朝晩涼しくなりました。
ほんの一時の
過ごしやすい日々を
楽しみましょう!
すぐに寒くなっちゃう…。

図書館から連絡がありました。
予約した本の準備ができたとのこと。

ネットで見つけた本!
読んでみようかな…
買おうかな…
とりあえず図書館サイトで見たら、
あら、あるじゃない!
…ということで、
予約入れておきました。
早速、借りてきました。

図書館の受付に
貸出カードを出すと、
バーコードを読み取り、
予約本を棚から出してくれます。
これって便利ですよね。

今どき、何を言ってるって?

以前は
本の裏表紙の
貼り付けた封筒に
図書貸出カードというのが
入っていました。
このカードに名前を書き入れ、
図書館が預かる方式だったような…。
この方式は
学校の図書室だけだったかしら?
この方式は
子どもの時でも大嫌いでした。
だって、次に借りる人に
過去に誰が借りたか…
分かっちゃうんですものね。
今でいうなら、個人情報。
この方式が嫌で
遠くの図書館で
借りるようにしてたっけなぁ~。
ちょっと懐かしい思い出~。

今日借りてきた本
image_20130921010709a57.jpg

ネットで紹介されていました。
図書館名が貼り付けられていたので
紙を置きましたぁ。

水間政憲氏の
ひと目でわかる
『日韓併合』時代の真実
2013年2月発行

写真がたくさん掲載されています。

ひとつ気になったこと、
P.72
朝鮮総督府は、当時、
日本国内にもなかった荘厳なホテルを
1914年(大正3年)、
京城につくりました。
それが朝鮮ホテルです。
…と、書いてありました。

1890年…帝国ホテル
1893年…富士屋ホテル
など…
明治時代には
日本国内に
立派な荘厳なホテルがあったと思います。

この本はもうご覧になりましたか?
まだでしたら、
ぜひどうぞ。
話には聞くけれど
こんな感じだったんだ~
とよく分かる本です。
おすすめです!

ポチッと応援してね。
アニメ 月見障子

コメント

Secret

メッセージ
プロフィール

kikilalacafe

管理人:kikilalacafe
身近に見たもの
食べたもの
感じたものを
気の向くままに…
iPhoneで撮影して
アップしています
やっと機種変して
iPhone Xs Max 使用しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する