FC2ブログ

旧富岡製糸場

昨晩は猿ヶ京温泉に泊まり、
今日は富岡製糸場を見学してきました。

旧富岡製糸場
20131110214830df5.jpg

群馬県富岡市にあります。
群馬県は
古くから養蚕、製糸、織物など
絹に関する産業が盛んでした。

明治政府は
先進諸国と対等になるために
富国強兵、殖産興業が重点施策。

官営模範工場として
1872年(明治5)
富岡製糸場を建設しました。
「模範工場」というのは
全国から工女を集めて研修し、
技術を覚えた女性が地元に帰り
全国に製糸技術を広める目的でした。
フランスから指導者として
ポール・ブリュナを招聘。

東繭倉庫(ひがしまゆそうこ)
201311102148323a1.jpg

1階は事務所や作業所
風通しのよい
2階に32トンの繭を貯蔵
建物は西洋の木骨レンガ造り
屋根は日本瓦、
レンガ積みには漆喰使用、
西洋建築と日本建築の組み合わせ
西繭倉庫もあります

操糸場
20131110214836d8e.jpg

明治5年~昭和62年までの115年間
繭から生糸をとる作業場。
300釜のフランス式操糸器を輸入し、
世界最大規模の工場でした。
建物内部に操糸器がありました。
現在は
昭和40年代に設置された自動操糸機
が保存されています。
(車の日産製)

女工館
201311102148335f5.jpg

工女に技術を教えるために
雇われたフランス人教師の住居

検査人館
201311102148356ae.jpg

生糸の検査担当の
フランス人男性用住居
2階に貴賓室あり。
(訪れた皇族や明治政府役人が使用)

なぜ富岡市に建設されたのか?
①元々養蚕が盛んで、繭を確保できる
②広い土地が確保できる
③既存の水路で水を確保できる
④石炭燃料を近くで確保できる
⑤外国人指導の工場建設に住民同意

富岡製糸場の歴史
明治04年 建設開始
明治05年 官営工場として操業開始
明治09年 仏指導者が去り、
     日本人のみで操業開始
明治26年 三井家に払い下げ
明治35年 原合名会社に譲渡
昭和13年 ㈱富岡製糸場独立
昭和14年 片倉製糸紡績(株)合併
昭和62年 操業停止後、保全管理
平成17年 富岡市に寄贈
平成18年 重要文化財指定
平成26年 世界遺産登録を目指す

フランスの技術導入から
日本独自の自動製糸機の実用化まで
技術革新が行われました。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」として
ユネスコ世界遺産委員会での
世界遺産登録を目指しています。

今年平成25年の来場者は
207.049人(10月末)
工場のレンガ造りが魅力的です。
今、町も整備されつつあります。

登録できるといいですね。
楽しみです!

がんばれ、富岡!
がんばれ、日本!

アニメ うさぎじゃんぷ
ポチッと応援してね。


コメント

Secret

メッセージ
プロフィール

kikilalacafe

管理人:kikilalacafe
身近に見たもの
食べたもの
感じたものを
気の向くままに…
iPhoneで撮影して
アップしています
やっと機種変して
iPhone Xs Max 使用しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する