FC2ブログ

気象庁

コンニチハです
(東京から…)

今日は初めて気象庁の建物へ

気象庁
気象庁

へ~ここにあるのか…

最寄駅 メトロ東西線竹橋駅すぐ近く

1階に気象科学館があります
入場 無料

解説をしてもらいました

津波シミュレーター
ガラス張りの入れ物に水が入って
海と町の模型があります
・普通の波
・台風の波
・津波
の違いがわかります
ガラス張りで断面が見えるので
水の動きがよくわかります
普通の波や台風の波は
海上近くの水が動きますが
津波は水が塊になって底から移動
だから威力があるんですって

地震が発生した時に出る津波警報は
当たらないこともあるそうです
地震のメカニズム解析には
地震発生後15分かかります
でも津波警報は
地震発生後3分で発令します
だから
津波が起こらないこともありえます

しかし
100回津波警報が出て
100回津波被害がなくても
101回目には大きな津波がくるかも!
警報が出たら
「大丈夫!大丈夫!また来ないわよ」
なんて思わずに
高台に避難してくださいとのことです
家の近くに海がなくても
たまたま旅行に行った先で
警報が出るかもしれません
ひとりひとりが
「警報が出たら避難!」
を覚えてくださいとのことでした

建物の3階にある
予報総合現業室を見学してきました

・船が安全に航行するために
 海上の天気や風を予想する部署
・飛行機が安全に飛ぶために
 上空の天気や風を予想する部署
・関東甲信越の天気を予想する部署
・東京都担当の予報官がいる部署

24時間体制で365日
気象の予報をしています

ここには
予報班長と呼ばれる人がいます
日本国内の天気に目を光らせて
全国の気象台にいる予報官に
指示を出しているそうです

2階には
地震火山現業室があります

日本中の地震を見守っています
世界で発生する地震の数の10%は
日本の陸地で発生しているそうです
(狭い日本で10%ってすごくない?)

火山も見守っています
日本国内には
なんと~
110の活火山があるそうです
(いっぱいあるんだ~)

新しく噴火してできた西之島
ここは気象庁の管轄ではありません
海上保安庁から火山情報がきます
海上保安庁の管轄なんだそうです

尖閣諸島の気象情報は
どこの管轄なんでしょうね

仕事絡みで行ったのですが
見学いっぱいして
楽しんできちゃいました

津波 竜巻 大雨など
警報が出ても
「自分は大丈夫~」
「たぶん大丈夫~」
と自分だけは被害に遭わないと
自分に都合よく考えてしまう傾向があります
この心理を
「正常化の偏見」というそうです
安全第一の行動を取りましょう

(…って解説がありました)
(なるほど…気を付けましょう)


今日もおさぼり!1-2-3-1-2-3
アニメねずみ
↓↓ポチッと応援してね。



コメント

Secret

メッセージ
プロフィール

kikilalacafe

管理人:kikilalacafe
身近に見たもの
食べたもの
感じたものを
気の向くままに…
iPhoneで撮影して
アップしています
やっと機種変して
iPhone Xs Max 使用しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する